愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

アオリイカ 愛媛県宇和島市でキロアップをゲット!

お疲れんこん、きころパパです。 

いよいよGWも今日でおしまい。あぁ切ないような、さっぱりしたような。。。

それでもGWを力いっぱい楽しもうと、今回の釣りに行ってきました!

宇和島でアジの泳がせ釣り 

さてGW中の2017年5月4日、愛媛県宇和島市まで、アオリイカ釣りに行ってきました。

え、キス釣りのリベンジは?

との声も聞こえてきそうですが、アオリイカもシーズンが終わりそうなので、この辺りでもう1杯釣っときたいな~と思ってのアオリイカ釣行です。

キスは夏でも釣れますから。。。 

 

 

宇和島市周辺は、上の地図をご覧の通り、リアス式海岸が広がる豊かな海。

小物から大物青魚まで、たくさんの魚種が釣れることから、県外からの釣り人も訪れるポイントです。

もちろん、アオリイカのポイントもたくさんあります。

この時期のアオリイカは、エギングではなくアジの泳がせ釣りのほうが、大物が釣れる確率が高いので、私もアジの泳がせ釣りで大物を狙いました。

宇和島市内の生きアジ専門店でアジを15匹購入。

夕方5時ごろ、宇和島市内のポイントに着きましたがさすがにGW。めぼしいところは、すでに釣り人がいて、なかなか釣り座がありません。 

浅瀬で1.5キロをゲット!

仕方がないので、あまり実績のない(人気のない)ポイントを転々としながら、アオリイカを探します。

泳がせ釣りのランガンは、荷物が多くてかなり大変です。やっぱりエギングがお手軽でいいですね~

しかも、途中から雨も降り出して、釣れないしで、トホホです。

そして、心も折れかかった23時ごろ。3カ所目の釣り場でついに、当たりが! 

イチかバチかで、浅瀬に投げ込んていた電気ウキがスーッと水中に消えます。

電気ウキの明かりがかすかに水中に見えながら、ユラユラと沖に一定の速度で進んでいきます。

これはアオリイカ特有のあたりの出方です。

アオリイカはエサのアジを捕食した後、安全な場所まで持って行ってから、ゆっくりと食すそうです。こだわりのあるグルメな奴です。

ですので、即あわせはせずに、 じっくりと当たりを眺めてから満を持して竿を持ち軽く引くとまったく動きません。

ヤバい! 浅瀬だったから、根掛かりか?

と思った瞬間!

アオリイカ独特のグイーッグイーッという強い引きが伝わります!!

よっしゃー! と強く合わせて、リールをゆっくりと慎重に巻いて、ようやく寄せると待望のアオリイカです。

竿だけで抜き上げるのはヤバそうな重さだったので、連れにタモを入れてもらいました。 

f:id:kikoropapa:20170508070647j:plain

 上の写真がこのときのアオリイカです。

この日のために購入したダイワのスケール(はかり)で計測すると、1.5キロとまぁまぁサイズでした! (雨で写真がぼけてますが・・・

Daiwa(ダイワ) デジタルスケール 25kg スケール
最大25kgまで測定可能 電源:単4電池×2本(別売り) 重量:約105g 滑りにくいラバーグリップ仕様 暗闇でも計測可能なライト付き 画面が見やすい可動式ヘッド。
 
 

 結局この日はこの1杯のみでしたが、楽しい釣りに終わりました。

なお同行した、私のイカ釣りの師匠は、同じ場所でなんと2.4キロのアオリイカをゲットしました!

私がタモを入れましたが、重さは半端なかったです。スゴイ!!

ちなみに釣ったアオリイカは翌日の夜、奥さんの手によって刺身と天ぷらになりました。めでたしめでたし。

f:id:kikoropapa:20170508070913j:plain

 

【潮】 小潮

【干潮】20:30

【満潮】02:30

 (宇和島港)