愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

キス釣り 遠投用リール オススメは?

お疲れんこん、きころパパです。

そろそろサーフでのキス釣りが恋しくなる季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 f:id:kikoropapa:20180311210039j:plain

ねぇねぇきころパパ、サーフで遠投するときのリールは何がいいの?

などと聞かれたり、聞かれなかったりする今日この頃ですが、初心者に毛が生えた程度の私が実際に使っている、サーフでの遠投用のリールをご紹介します。

 

はじめは安価なリールを選ぼう

私がキス釣りを始めたときに買った、最初の遠投用のリールが、このシマノのサーフ用遠投リール、アクティブサーフです。

 

シマノ リール SAアクティブサーフ 細糸
リール ハンドル:左右付け替え可能 主なターゲット:キス カレイ アイナメ メゴチ マダイ コロダイ クロダイ マゴチ ヒラメ ギア比:3.8:1 自重:595g 許容耐力:20.0kg ナイロン糸巻量(号-m):1.2-250/1.5-200/2-150 PE糸巻量(号-m):0.8-250/1-200/1.2-165 最大巻上長:82cm(ハンドル1回転あたり) ベアリング数(ボール/ローラー):3/1 エアロラップ
 
このリールを選んだ理由は、まず価格です。ネットでの販売価格は7,000円程度。もう1ランク上の遠投用リールは2万円前後なので、恐ろしくて手が出ませんよね。
安心のシマノ製に加えてコスパ的にも最高です。

シマノのHPによると、スプール(糸を巻くところ)は上位機種にも採用されているというアルミ製。

少しでも遠投するために重要な「糸ヨレ」を減らして、投げたときに糸がスムーズに出ていくためのベアリングを装備していたりと、安価な割に遠投できるポイントが押さえられているリールだと思います。

 

遠投用リールには遠投用の竿を

ただ気を付けてほしいのは、こうした遠投用リールは、大きいということです。

スプール(糸を巻くところ)の直径は69ミリ。ほぼ7センチあり、結構大きいです。

このスプールの大きさがあるから、スムーズに糸が出ていくのですが、短い竿に付けるとバランスが悪く、ものすごく投げにくいです。

ですので、このリールを付けるのであれば、やはり遠投用の竿が必要になります。

ちなみに私がこのリールと同時に買ったのが、下記のシマノのサーフリーダーです。

 

シマノ ロッド サーフリーダー 振出 投げ 405CXT 4.05m
新世代先調子マイルドチューン採用により、投げやすい。遠投も見据えた本格的な投げ釣りのスタンダードモデル。
 
 こうした、ある程度の長さがある竿でなければ、投げ用の大型リールは使えません。
ですのでリールだけではなく、一緒に投げ用の竿も買われるのをオススメします。
 

慣れるとちょっといいリールが欲しくなる

物事なんでもそうですが、慣れてくるとちょっと良いものが欲しくなりますよね~!

未だにへっぽこアングラーの私ですが、どうしても欲しくて買ってしまったのが、シマノのスーパーエアロサーフリーダーです!

 

シマノ リール 13 スーパーエアロ サーフリーダーCI4+ 35 細糸仕様
シマノの遠投テクノロジーの基本である「大径スプール、4度角テーパースプール、スーパースロー5」に加え、スーパーエアロフリーゲンにも採用された「ワイドローター」を搭載。さらに新フィーチャー「ゼロド(0度)ボディ」と、先進の遠投テクノロジーが満載です。また、リーリングの滑らかさと軽さを高める「X-SHIP」、軽くて強いカーボン素材「CI4+」をボディとローターに採用し、様々な側面から追求された「軽さ」により高い感度を発揮。ネジ込み式ハンドルも装備し、これまで感じられなかったわずかなアタリも明確に伝えます。
 

何が違うのかというと、まず価格。これは高いです。

アクティブサーフに比べると約3倍! なので、よほどキス釣りが好きでないと、買えない価格です。奥さんを説得できないでしょう(爆)。

しかーし!! 性能面では、かなり優れています!

例えば、スプールから出た糸が竿に当たるのを減らす「0度ボディ」を採用。竿に糸が当たるのが減る分、より遠くへ飛ぶ、という理論だそうです。実際、よく飛びます。

個人的に、いちばん嬉しかったのが、その軽さです。

アクティブサーフが595グラムの自重に対して、スーパーエアロサーフリーダーは、355グラムしかありません。

この240グラムの差は、とても大きく、初めて竿に付けたときは「え、リール付け忘れた?」と感じるほど、軽かったです。ウソじゃないっすよ!

サーフでのキス釣りのように、竿を手で持つ時間が長いときは、この240グラムの違いが大きいのです! 

ただやはり、サーフでのキス釣りを始めたばかりのときに、このリールが買えたかというと、その勇気はなかったですね~ 遠投用の竿だけで2万円しますから、さらにリールで数万円というのは、肩身の狭いパパリーマンとしては、あり得ないです。

  

まずは1万円以内のリールから

 

というわけで、まずは1万円以内で手に入るリールから始めてもらい、それでも何シーズン(数年)に渡って、キス釣りをしよう! と考えるようになってから、いいリールを購入されてはいかがでしょうか?

 

さぁ、皆さん! サーフでキスが呼んでいます! ゴールデンウイークに間に合うように、キス釣りの準備に励みましょう!

 

f:id:kikoropapa:20170503063300j:plain

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村