愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

アジのサビキ釣り 愛媛県松山市で20㎝アジが入れ食いに!

お疲れんこん、きころパパです。

さて3連休でしたが、皆さま釣ってますか~?

愛媛県松山市ではこの3連休は地方祭(秋祭り)でして、威勢のいい神輿を担ぐ声があちらこちらで聞かれていましたが、その直前を狙って2018年10月6日(土)深夜に久しぶりにアジのサビキ釣りに行ってきました!

大可賀釣り公園は理想のスポット

今回訪れたのは、松山市西部にある大可賀釣り公園です。

松山市中心部(市役所あたり)からは車で約20分。初めて行きましたが、駐車場もトイレも手洗い場もある、ファミリーフィッシングでは理想の釣り場です。

地図で言うと、こんな感じのところです。

海に面した側には手すりが高さ1メートルくらいのところまであり、小さなお子さんを連れていても大丈夫そう。ただタモ入れはしんどいかな・・・

夜間情報も何も調べずに、突然行きましたが下の写真のように、常夜灯も点いており夜釣りもできました。

f:id:kikoropapa:20181008221028j:plain

分かりにくい写真で申し訳ない!

でも常夜灯のおかげで、普通にスマホで撮影して、この明るさです。左奥の手すりの向こうが海です。ちなみに午前2時半ごろの写真です。

潮の流れが速すぎて・・・

さてこの日は大潮の前の中潮。深夜に干潮になり、朝マヅメのタイミングで満潮になるという理想的な潮です。

深夜午前2時半ごろに到着。これから潮が上がっていくタイミングなので、さぞかし釣り人が多いのだろうな~ と思っていたら、先客はお一人だけ。ラッキー!

が、それもそのはず、台風前の天候からか、潮の流れがメチャ速いです! 海を見ると、右から左にゴミがみるみる流れています。

サビキ釣りには流れの速い海は大敵です。基本的に下カゴを使うので、流れが速いとカゴの中の撒き餌だけが先に流されてしまって、仕掛けと撒き餌が同調しないからです。

下手をすると、まったく釣りになりません!!

4mの礒投げ竿でサビキ釣り

でも来てしまったからには、とりあえず釣りを始めます。

手すりがあることを考慮して、今回は4メートル超の竿を使います。3メートル程度の竿では、手前の手すりが邪魔になると考えたからです。

この日、持ってきた竿は、シマノのランドメイト磯4号450と、ホリデー磯4号400の2本。この2本は、私的にはサビキ釣りでの最強コンビです。

f:id:kikoropapa:20180317112447j:plain

スペックは長さ以外はほとんど同じ。8号のカゴに目いっぱい撒き餌(ジャミ)を入れて、思いっきりブン投げられます! ウキは10号を使います。

広くて思いっきり振りかぶれる場所では450を使い、背後が狭いところでは400で投げます。今回は広い場所なので450で投げました!

さてさて、冒頭に書いた通り、潮の流れは速いです。ウキがどんどん右に流れていきます。もちろん当りはありません・・・

5~6回投げて、まったく当たりがないので、とりあえず食事にしました(笑)。

潮が止まったときに20㎝級アジがヒット

さて、どうしようかと思っていた午前4時ごろ。潮の流れがフワッと止まります。

そのとき、ウキがガツン、と沈みました!! 丁寧に丁寧にリールを巻いていくと、20センチ超のアジです。釣り開始から1時間以上経っていたので、超うれしい!!

これは群れが来たかと思い、同じところにもう一度投げます。が、まったく当たりがありません。ピクリともしません。たまたま、何かのはずみで釣れたようです。

ちなみに、使っていたバケツは、いつもの吸い込みバケツです。詳しくは過去記事をご覧ください。 

www.kikoropapa.com

11連発で20㎝級アジが入れ食い

それでも、めげずに仕掛けを投げ続けます。仕掛けを投げ続けることは、撒き餌をし続けることと同じなので、アジを呼び寄せる効果が期待できるからです。(と自分に言い聞かせながら)

30分ほどすると、今度は潮が左に流れ始めました。しかも初めほど急な流れではありません。緩やかな感じです。

お、これはいけるかも! と思い、仕掛けを流れに乗せて、少し流しては竿をグイっとあおって、カゴから撒き餌を出すのを繰り返していたところ、またガツン、とウキが沈みました!

丁寧にリールを巻くと20センチ超のアジです。仕掛け投入から1分ほど左に流したタイミングでした。

潮の流れがゆるやかになったので、撒き餌が効いているのか? 次も同じような場所に仕掛けを投入し、左に流していると、またウキが入ります!

上げてみると、これも20センチ超の良型です。体高がある良いアジです!

その後も同じポイントに投げて、同様に仕掛けを左に流すとアジが釣れます。11連続でヒットし、その後は2連、3連もありました!

当たりサビキはピンクスキン

最初の1匹目は小アジ専科のオーロラサバ皮(白サビキ)で釣れましたが、この連発時は小アジ専科のピンクスキン(ピンクサビキ)にサビキを変更していました。針サイズはどちらも7号です。

f:id:kikoropapa:20181012064313j:plain

この日の当たりサビキは、どうやらピンクスキンだったようです。上写真の右側のやつです。初めに釣れたのが、写真左の白サビキです。

結局、午前4時半から午前6時までに11連続を含む24匹を釣り上げて、この日の釣果は合計25匹。明るくなってきたので、翌日の子ども神輿の随行に影響の無いように、早めの帰宅となりました。

自宅に帰って測ってみると、アジは最大24センチ。一番小さいもので17センチという、まずまずの釣果でした!

f:id:kikoropapa:20181008230441j:plain

お祭り前のアジ祭り!

このアジたちは、愛妻の手によって刺し身となりましたとさ。

めでたしめでたし。

f:id:kikoropapa:20181008230916j:plain

ではなく!

(ここからは後日談)実はこの日のお昼、松山市では台風の影響からか非常に激しい風が吹いていました。松山在住の方は覚えていると思います。

で、ベランダで乾かしていた2つ上の写真にも写っている、 アジのサイズを測ったメジャーがどこかに吹き飛ばされてしまいました! 悲しすぎる!!

以上です!!