愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

釣り用ブラックライト蓄光器「根魚権蔵」使ってみた!

f:id:kikoropapa:20200926151237j:plain

お疲れんこん、きころパパです。

あなたはグローや蛍光のルアーやワームを使うときに、どのように発光させていますか?

常夜灯の光ですか? それともヘッドライトの光をあててますか?

わたしはこれまで、ヘッドライトの光をじーーーっとあてて、それで満足していました。

しかし先日、はじめてプロックスのブラックライト蓄光器「根魚権蔵」を購入。その凄まじいパワーを実感しました!

というわけで、今回は夜釣り人生が変わるくらいの衝撃を受けた、釣り用ブラックライト蓄光器の紹介をしたいと思います。

ルアー釣りやアジング、エギング、サビキ釣りなどで夜の釣りをする人には、ぜひ参考にしていただければと思います。最後までご覧ください!!

 

蓄光器とは

さて今回私が購入したのが、下記のブラックライト蓄光器「根魚権蔵」です。

Amazon参考価格¥901
(2020/9/26 14:30時点)
ハイパワーLED搭載コンパクト蓄光器! 三作目と比べパワーのあるブラックUV-LEDチップを搭載。照射時間が短縮できます。照射範囲を変えられるズーム機構。持ち運びに便利なカラビナ付ストラップ付属。
 

そもそも「蓄光」って、なんでしょうか?

「グロー」や「蛍光」などと表示してあるルアーやワームは、蛍光塗料的な加工がしてあって、日光やライトをあてることで光を蓄えて、発光します。

これは光に含まれる紫外線などをもとに発光するそうで、この紫外線を照射するのが「蓄光器」と呼ばれるブラックライトなのだそうです。

ふーーん。って感じですよね。

ブラックライト蓄光器とヘッドライトの違い

蓄光器を買うまでは、ヘッドライトで蛍光ルアーに光をあてていた私ですが、今回、蓄光器との違いを比べてみました。

ルアーにヘッドライトの光と、蓄光器の光をそれぞれ10秒あてて、光り具合を比べてみました。

まずはヘッドライトをあてたルアーです。

f:id:kikoropapa:20200926143743j:plain

ご覧の通り、発光量が少ないので、写真にきれいに映らずピンボケになっています。

次の写真はブラックライト蓄光器「根魚権蔵」を同じく10秒間照射したものです。

f:id:kikoropapa:20200926144246j:plain

明らかにこっちのほうが強く発光していて、おかげで暗い中でもピントが合って写真がくっきり撮れていますよね。

実際に釣り場で使ってみると、その発光度合いの違いはもっとよく分かります。

ブラックライトをあてたものは、水面近くを動かしているときも、ルアーの場所がよく分かりますし、ブラックライトのほうが照射時間が短くて済みます。

早く光を貯められるということは、それだけ手返しが早くなるということです。

もちろん明るさも長く続きます。

ヘッドライトと比べると、ブラックライト蓄光器「根魚権蔵」が圧勝ですね!

ブラックライトいろいろ使ってみた

グローや蛍光が入った釣り具はとても多くて、私がする釣りだけでも

  • アジングやメバリングの小型ワーム
  • エギングのエギ
  • サビキ釣りのサビキ

などがあります。

私がメバリングで使うワーム「スクリューテールグラブ」に使うとこんな感じに発光しました。

f:id:kikoropapa:20200927100315j:plain

 

次の写真はエギにブラックライトをあてたものです。

f:id:kikoropapa:20200927101522j:plain

ヤマシタ「エギ王ライブサーチ」のイナヅマ模様がよく光っているのが分かります。

小さいサイズの2.5号のエギでは、ブラックライトのおかげか、渋い中でツツイカが釣れましたよ!

蛍光塗料にも使えます

ブラックライト蓄光器は、自分で蛍光塗料を塗ったルアーにも使えます。

下の写真は蛍光塗料を塗ったルアーです。

f:id:kikoropapa:20200927103706j:plain

上の大きいルアー・メジャークラフトのジグパラには、腹部分に蛍光塗料を塗りました。自作の腹グローです(笑)。

下のオールグローっぽいのは、ダイソージグに蛍光塗料を塗ったものです。塗り方が適当だったので、ムラが激しいですが、よく光っています。

使った蛍光塗料は東邦産業の「ダイアカラー蓄光グリーン」です。 

釣り用蓄光器あれこれ

蓄光器のラインナップは様々です。

例えば私が買った「根魚権蔵」のプロックスには、より安価な「根魚人マイクロUV蓄光器」なるものがあります。

Amazon参考価格¥397
(2020/9/26 14:50時点)
超小型のボタン電池式蓄光。超コンパクトな指先サイズ。蓄光タイプのルアーを短い照射時間で長く光らせます。バッグなどに取り付け簡単なカラビナ付き。
 

親指一つでスイッチを入れることができるもので、携帯性も良さそうです。

もう一つ私が気になったのはダイワのエメラルダス UVライトα です。

Amazon参考価格¥2,321
(2020/9/26 15:00時点)
本体重量(g):約35 (電池別) 本体寸法(mm):約φ19.5×96 グロー(夜光)系エギに照射してアピール力を維持。チップ型UVライト搭載の強力タイプ。単4形乾電池1本(別売)使用で初期の明るさが長持ち。本体アルミ合金製。
 

ダイワのエメラルダスシリーズとそろえると、お洒落な感じですね。

ご自分の釣行スタイルに合わせて選んでみてください。

 

いろいろ書きましたが、蓄光器の便利さは一度使っていただくと、とってもよく分かると思います。きっと手放せなくなると思いますよ!

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

蓄光器を使って、手返し良く大物釣りを目指しましょう!!

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣り・フィッシングランキング