愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

エギング 初心者向け おススメのエギングロッドは?

お疲れんこん、きころパパです。

そろそろ秋のエギングシーズン到来です! ちまたでは、アオリイカの釣果をチラホラと聞くようになりましたが、皆さま、イカがお過ごしですか? (寒いっ。。。)

というわけで、今回は新たにエギングを始めたいという方向けに、初心者向けのエギングロッドを探してみました。

f:id:kikoropapa:20180825181953j:plain

エギング ロッド 長さは8.6フィートがオススメ

私の実体験からも、エギングはアオリイカのいるポイントを探して、いろいろな場所を回る、いわゆるランガンをする釣りです。

1カ所に長くとどまらず、場合によっては5~10分くらいで次のポイントに移ることもあります。長い堤防の端から端まで歩くこともしばしばです。

ということは、歩き回ったり、車の乗り降りをよくしたりすることになるので、エギングに使うロッドはなるべく軽いもの、というのが一つの条件になります。

そして大切なロッドの長さですが、個人的見解では、おススメはズバリ8.6フィートのロッドです。

8.6フィートは約2.6メートルです。2ヒロもないくらいですが、このくらいの長さがあれば、エギングには十分です。

反対に、もっと短いエギングロッドもあり、そのほうがアクションを入れやすいとも言えますが、ある程度の長さがなければ、エギを遠くに投げることができず、アオリイカを探れる範囲も限られてしまいます。

また、いざアオリイカが釣れて取り込むときに、手前に障害物があると短いロッドだと障害物を越えられずに、アオリイカを取り落としてしまう可能性もあります。

長いほうが、高い堤防からも釣りやすいという利点もあります。

遠投ができ、障害物も回避できる、しかも取り回しが良い、となると8.6フィートくらいあるほうが、釣りをしやすいと思いますよ!

ちなみに、いま私が使っているロッドは8.6フィートです。分かりにくい写真でスイマセン。。。

f:id:kikoropapa:20180825211659j:plain

2.5~4号のエギに対応できるロッドを

もう一つの条件は、使うエギの号数(重さ)の範囲です。

エギングでは、秋の新子と呼ばれる小さなイカから、冬~春先の1キロオーバーのものまでを主なターゲットにしています。

その季節に応じて、エギは2.5号~3.5号がよく使われていると思います。エギの話は、話し出すときりがないので、また別の回で詳しく説明したいと思います。

エギの重さは、メーカーやタイプによって違いますが、だいたい2.5号が10グラム程度、3.5号が20グラム程度、4号が25グラム程度です。

ですので、この範囲のエギ(ルアー)を投げられるロッドを選ぶのが良いでしょう。

エギ専用のロッドであれば、対応できるエギの号数がロッドに記入されている場合があります。ルアー全般用のロッドであれば、対応できるルアーの重さが書いてあります。

ですので、ロッドを選ぶ際は必ず対応できるエギ(ルアー)の重さの確認を忘れないでください。

エギングを始めてまだ3年程度ですが、私は1本のロッドだけを使っています。

経済的にも携行的にも、恐らくエギングロッドは1本という方が多いと思いますので、1本のロッドで重さの違うエギを投げ分けられるように、少なくとも2.5号~4号の範囲のエギが対応できるロッドを選びましょう。 

エギングロッド 初めは1万円以下で探そう

では、具体的にはどのようなエギング用の竿があるのでしょうか。

私がエギングを始めた3年前に買ったのが、メジャークラフトのソルパラシリーズのエギングロッドです。

選んだ理由は、ネットで探してみて、シマノやダイワに比べて、価格帯が安かったからです。

エギングをする前は、実はあまりアオリイカに興味がなく、翌シーズン以降もエギングを続けるかどうか分からなかったので、とにかく安いものを探していました。

当時は投げ釣りとサビキ釣りくらいしかしていなかったので、ルアーロッドも持っていませんでした。

ちなみに、エギングで使うエギは1つ800円程度。数種類を持っていくとなると、エギを買うだけでかなりの出費になるので、できるだけ安い竿を探しました。

ですので、初めてエギングをする方は、いきなり数万円もする高価な竿を選ぶのではなく、私と同様に1万円以内で購入できるエギングロッドを探されることをおススメします。

なお、メジャークラフトだけではなくて、シマノなど他メーカーでも条件に合ったエギングに使えるロッドはあります。

シマノ ルアーマチックが安くて人気

ちなみに、シマノで人気なのが、ルアーマチックシリーズです。

エギング専用ロッドではありませんが、コスパが最高です。

シマノ公式HPの初心者向けエギング動画の中でも、エギングに使える竿として紹介されており、安心感もあります。

ルアーマチックS86MLは、長さは8.6フィート。

適合ルアーウエイトは6~28グラムで、エギ換算でも2.5~4号までをカバーできます。バッチリです!

リールに巻くメインラインのPEラインも、0.6~1.5号までが適合範囲なので、エギングでよく使われるPE0.6~0.8号も範囲内です。自重は145グラム。

 アマゾンでも「ベストセラー1位」に選ばれる(2018年8月25日現在)ほど人気の商品です。 

シマノ スピニングロッド ルアーマチック S86ML 8.6フィート
■高級感と高品質感が伝わるシックなデザイン。メバル、アジといったショアからのライトルアーゲームからシーバス、アオリイカ、はては淡水でのトラウトゲームまで、幅広いルアーターゲットに対応する。自社工場生産によるシマノ基準の高品質、万全のアフター体制など、普及モデルを思わせない安心感を味わえる。
 

メジャークラフト ファーストキャストがお手ごろ感

ルアー専門ロッドで知られるメジャークラフトのエギング用ロッドとしては、ファーストキャストシリーズが価格帯が低く、お手ごろ感があります。

長さが8.6フィートのファーストキャストFCS-862Eの適合エギは2.5~3.5号。

PEラインも0.4~1.2号と十分です。

私がエギングを始めたときに使っていた「ソルパラ」シリーズの格下にはなりますが、十分戦力になりそうです。

メジャークラフト エギングロッド スピニング ファーストキャスト エギング FCS-862E 釣り竿
3~3.5号のエギを使用して、一年を通して楽しめるモデルです。遠投性能に優れたこのモデルはポイントを広く探りたい方にお勧め。他にも、10~20gのルアーでシーバスや黒鯛狙い、10g前後のジグヘッドでの根魚狙い、キャスティングジグを使用しての小型青物狙いにもオススメ。もちろん、チョイ投げ、サビキにも使用可能です。
 

メジャークラフトのもう一つのおススメが、私がエギングを始めたときに使っていたソルパラ。

私は2015年秋に、ソルパラのSPS-862Eをネットで購入し2年ほど使いました。

ロッドはカッコイイ濃いブルー。なかなかお洒落な色ですよ!

適合エギサイスは2.5~3.5号。PEラインも0.6~1.2号が適合範囲となっており、これも条件はバッチリです。

ふり抜きもしやすく、エギの重さを感じながら遠投もできるので、エギング初心者の頃でしたが、とても使いやすかったことを覚えています。 

メジャークラフト エギングロッド スピニング ソルパラ SPS-862E 8.6フィート 釣り竿
ロングキャストで深場を狙う時や、春のデカイカ狙いには、欠かせないモデルです。地磯やゴロタ浜から足場の高い堤防にも対応する長さは、遠投性能にも一役買ってます。PEライン対応ガイドで、トラブル軽減。安心してお使いください。
 

ダイワならリバティクラブエギング!

もう一つ、ダイワならリバティクラブエギングで決まりでしょう!

特に862Mは長さは8.6フィートで、適合エギは2.5~3.5号。PEラインも0.6~1.2号が適合範囲で問題ないです。自重は140グラム。

私はエギングに限らず、シマノとメジャークラフトの竿をよく使うのですが、このダイワのリバティクラブエギングもレビューでの評価は他の竿に負けず劣らず高いです。

ダイワ(DAIWA) エギングロッド スピニング リバティクラブ エギング 862M エギング 釣り竿
アオリイカやスミイカを堤防・護岸からエギを使って手軽に楽しむことを念頭に専用設計。飛距離、そしてパワーに優れたアウトガイド(外ガイド)仕様です。
 

ということで、独断と偏見から、エギング用のロッドをシマノ、ダイワ、メジャークラフトの中から紹介させていただきました。

長さ、エギの適合範囲、そして1万円以下のロッド、という3つの条件を考えていただき、お気に入りのエギング用ロッドを見つけていただければと思います。

そして、見事アオリイカをゲットしてください! 意外と簡単に釣れるものですよ♪

下の写真は、ウキ釣りでゲットしたアオリイカですが。。。

f:id:kikoropapa:20180831230512j:plain