愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

リールの下巻き またまた、やってみた⁉ エギングライン買ったので

お疲れんこん、前回リールの下巻きが微妙だった、きころパパです。(爆)

いや~ 下巻きって、本当に難しいですね~

と淀川さん張りに言ってみても意味ない今日この頃ですが、皆さん、釣ってますか~?

さて今回は本格的なエギングシーズンを前に、新しいエギングラインを買ったので、古いラインと巻き替えるために再び下巻きをしたので、その結果をご報告します。

まずはスプール量を確認

今回はもともと巻いていたPEライン0.8号を、より飛距離を求めて0.6号150メートルに巻き替えます。

0.8号ラインはもう2シーズン使ったので、もうお役御免です。

さて、使うリールは愛用のシマノのセドナ2500S

リールの下巻きで、初めにすることはスプールに巻けるライン量の確認です。

今回のリール、もともと巻いていたのはPE0.8号で、長さは150メートルです。

スペック表によるとPE0.8号を巻ける長さは最大で150メートル。買ったラインをそのまま全部巻けば、ちょうどスプールにぴったりでした。

しかしPE0.6号でみてみると、最大で200メートルも巻けてしまいます。エギングでは200メートルもラインは必要ないので、150メートルのを購入したのですが、そのままでは、スプールが1/4も余ることになります。

計算式としては150メートル÷200メートル=0.75=3/4、つまりスプールの余りは1/4ということです。 

下巻き糸はスペック表にある太さを

ということで、スプールの1/4を埋めるためのリールの下巻きが必要なのですが、前回の微妙な結果で一番の原因となったのは、下巻きに使う糸でした。多分。。。

前回はリールのスペック表に無い太さの糸を下巻きに使ったので、計算が複雑に。詳しくは過去記事をご覧ください。  

www.kikoropapa.com

 そこで今回はリールのスペック表にある太さの糸を下巻きに使うことにしました。

スペック表に掲載されているのは「PE0.6号200メートル」「PE0.8号150メートル」「PE1号110メートル」などなど。

今リールに巻いているPE0.8号は傷んでもいるので捨てるつもりだったのですが、スペック表にあるので、これをそのまま下巻き用の糸にすることにしました。

では、どれだけ下巻きをすればよいのでしょうか?

先ほど計算したように、PE0.6号を150メートル巻いても、スプールは1/4余ります。

この1/4をPE0.8号に当てはめると、150メートルの1/4は37.5メートル。つまりPE0.8号を37.5メートル使えば、スプールの1/4を埋めることができるということです。(あってるよね?)

リールの回転表から下巻き量を求める

では、この37.5メートルはどうすればキチンと巻くことができるのか。

それは前回と同様にリールの「最大巻上長」から導きました。

最大巻上長は、リールのハンドルを一回巻いた時に巻ける糸の長さ(の目安)です。

スペック表によると、セドナ2500Sの最大巻上長は73センチ=0.73メートルです。

ですので、37.5メートル÷0.73メートル=51・36…がリールのハンドルを巻く目安となります。一応、計算機使いました。

f:id:kikoropapa:20181021205621j:plain

さてリールの回転数も分かったので、さっそく作業にかかります。

まずは、いま使っているPE0.8号をリールから巻き取るのですが、これは捨てずに下巻きに使うので、いったん余っていた別のラインスプールに巻き取ります。

このときも、第一精工の高速リサイクラーを使います。

リールに糸を巻くときも、リールから糸を巻き取るときにも使えるので、とっても便利です!

巻き取りができたら、今度はそのまま反対にリールに巻いていくのですが、ここで先ほど計算した51・36回転を目安にリールのハンドルを回していきます。

ラインテンションは一定に

高速リサイクラーにセットして巻き取った糸を、反対にリールに巻き直すわけですが、前回の反省からテンションをきちんと同じにして、ちゃんとハンドル回転を数えながら巻きました。(あたり前だろうけど)

やはり、テンションを一定にすると、スプールに偏りがあまりなく、いい感じに巻けています。

で、50回まで来たところでスプールの余りがかなり無くなっていたので、ストップ。計算値にも近いので、ちょうど良いかと思っていたのですが、よくよく見るとちょっと巻きすぎ?↓

f:id:kikoropapa:20181021191037j:plain

でも、そこは計算を信じて、作業を続けます。

さて、次はいよいよ本線のPE0.6号を巻いていきます。

用意したエギング用のラインはデュエル(DUEL) PEライン ハードコア X8 エギング。その名の通り、8本組のエギング用ラインです。

これを高速リサイクラーにセットします。こんな感じです。右に見えるのが高速リサイクラーです。

f:id:kikoropapa:20181021191204j:plain

こちらは最後まで巻き上げれば良いので、何も考えずにただただリールを巻いていきます。

ただただ、巻きます。

こちらもテンションを変えないように、一定の速度で巻いていきました。

最終的に出来上がったのが、こちら↓

f:id:kikoropapa:20181021191628j:plain

 前回に比べると、かなりいい感じじゃないですか!?

セドナ2500SのボディカラーにPEラインのミルキーオレンジが映えてます!

ということで、今回は二度目とあって、うまく出来たと思いますが、あくまでも自己流です!!

やはりポイントは、

1、下巻き用のラインはスペック表にあるものを使う。

2、リールに巻くときは一定のテンションを保つ

ではないでしょうか!(両方とも、当たり前のことですが・・・)

エギングに行くのが楽しみですね~♪

シマノ リール 17 セドナ 2500S
自重 245g スプール寸法 径46.5mm ストローク14.5mm 糸巻量 ナイロン(5lb-110m、6lb-95m、8lb-70m) 糸巻量 フロロ(4lb-130m、5lb-100m、6lb-80m)
 
第一精工 ライン 高速リサイクラー
3.5倍速ハンドルでラクラクスピーディな高速タイプ。強力テンションでリールに巻き戻せるので、ジギング用PEラインを巻くのにも最適です。