愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

カレイ釣り 愛媛県伊予市で20センチをゲット!

お疲れんこん、きころパパです。

メチャクチャ寒い毎日ですが、皆さん釣ってますか~?

さて私は悪夢のようなインフルエンザから立ち直り、2018年1月21日の日曜日、愛媛県伊予市に釣りに行きました!

といっても、小学3年生の娘と遊びがてらなので、釣れるかどうか分からない、カレイを狙っての釣行です。

森漁港周辺でカレイ狙い

場所は、愛媛県松山市近郊の釣り人なら、みんなが知っている(と思う)伊予市の森漁港の隣にある砂浜です。地図でいうと、こんなところです。

f:id:kikoropapa:20180126001715p:plain

ここは海岸線から20~30メートルは浅めの砂浜が広がっていて、春から夏にかけてはキス釣りも楽しめる場所です。

隣にある森漁港は、もともとカレイの好釣場としても知られています。

ですので、漁港に近い海岸でもカレイが釣れるのではないかと考えてのチャレンジです!

遠投用と近場用の3本で探る

この日は久しぶりに好天気で、風もなく釣りをするには絶好の日和です。

この日の干潮は午前5時ごろ。満潮は午前11時40分ごろです。

潮が上がるタイミングでを狙って、午前6時ごろに松山市内の自宅を出発。午前7時過ぎから、釣りを始めました。

エサは、カレイ釣りの王道でもあるアオイソメと本虫のミックスです。

仕掛けは近所の釣具屋さんで買った市販のカレイ仕掛けです。針の大きさは12号。

使った竿は3本。

2つは4メートル級のシマノの サーフリーダー405CXとスーパースピンジョイ (振出) 405BXT。

もう一つは、ちょい投げ用のホリデーショートスピン275HXTSです。これは主に娘が使います。

カレイ釣りは、距離やポイントをいくつか分けたほうが効率的なので、2~3本をいつも使っています。

カレイ釣りは、「待ちの釣り」なので、今回は折り畳みのイスを持って行って、娘と二人並んで座って、温かい飲み物を飲みながら、波を眺めるというお気楽な釣りです。

小3の娘は石を拾って投げたり、積み上げたり。自分なりにキチンと遊んでいます(笑)。向こう側で短い竿を持っているのが娘です。

f:id:kikoropapa:20180126222543j:plain

 20センチのカレイをゲット!

で。いつの間にか小さなカレイが掛かっていました。

しかも娘の短い竿に。笑

多分、マコガレイです。

f:id:kikoropapa:20180126221727j:plain

サイズは20センチちょうど。

いつ釣れたかよく分からなくて、上げてみたら釣れていたという、カレイ釣りにはよくあるパターンです(私だけ?)。

あと10センチあったら持って帰るところですが、針を飲んでもいなかったので、やさしく海に放してあげました。

(後日追加⇒)このときの行いが、あとで実を結ぶことになるとは、考えてもいませんでした。詳しくは、下記記事をご覧ください。  

www.kikoropapa.com

ちなみに、この日の当たりは、この1回だけ。やはりあまり実績のない場所でのカレイ釣りは、リスクがありますね。

基本通り、森漁港で釣っていたほうが、良かったかもしれません。 

帰りは定食屋で美味しいランチ

まぁボウズよりは良いかということで、帰りに近所の定食屋で私はカレーラーメンを、娘はオムライスを食べて帰りました。 

レジャーとしての釣りは、釣果だけではなくて、その途中で美味しいものを食べたり、きれいな景色を見たりなど、いろいろ楽しめますよね!

愛媛では、春先までカレイが狙えるので、次回はもっと大きなカレイをゲットできるよう頑張るぞぃ!

シマノ (SHIMANO) 投げ竿 17 ホリデースピン ショートモデル (振出) 275HXTS
防波堤からサーフまで扱いやすいショートモデル。コントロール精度の向上に欠かせないキャスコングリップも搭載。新たに採用された塗装手法で高級感も大幅にアップしました。