愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

キス釣り 遠投用リール オススメは?

お疲れんこん、きころパパです。

そろそろサーフでのキス釣りが恋しくなる季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 

「ねぇねぇきころパパ、サーフで遠投するときのリールは何がいいの?」

などと聞かれたり、聞かれなかったりする今日この頃ですが、初心者に毛が生えた程度の私が実際に使っている、サーフでの遠投用のリールをご紹介します!

f:id:kikoropapa:20181024235142j:plain

そもそも遠投用リールって?

私がキス釣りを始めたときに買った最初の遠投用リールが、シマノのサーフ用遠投リール、アクティブサーフ細糸仕様です。

上の写真の左のやつですね。ご覧の通り、かなりデカいです!

右はシマノのセドナ2500S。ちょい投げやエギングで愛用しているリールです。

見ての通り、サイズが全然違います。まるで大人と子供です。

遠投用リールの一番の特徴は、この大きさです。すなわち、ラインを巻いている部分「スプール」が大きいことにあります。

スプールが大きいことで一度に放出するラインの量が多くなるので、小さなリールよりも遠くへ飛ばすことができる、ということです。

そしてスプールが大きくなると、それに比例してハンドルなども含めたリール全体が大きくなっている、というのが遠投用リールです。

 

どうしてドラグ無しなのか?

遠投用リールには、ドラグ機能が無いものがあります。

マジか!?

そうです。

私が釣りを始めたころは、「ドラグって何?」っていう初心者だったので、あまり気にしなかったのですが、キス釣りに特化したような遠投用リールには、ドラグがないものがあるのです。

理由はちょっと考えてみると、分かりました。

サーフでのキス釣りは引き釣りが基本です。

引き釣りをしていると、ドラグが必要なほどの大物が掛かりにくい、ということがあるのでしょうね。

ドラグ機能は「大物狙いの待ちの釣り」だからでしょうか?(個人的見解ですよ)

私が持っているアクティブサーフ細糸仕様は、ドラグ機能を廃した分、アルミのスプールを使ったり、糸ヨレを減らすためのベアリングを付けたりしても、価格を抑えようというメーカーの思想が理解できます。

もちろんカレイ釣りのように、ドラグ性能がある遠投用リールもあります。

下の写真は、シマノのアクティブキャスト 1050です。私がカレイ釣りでメーンで使っているリールです。

これには、きちんとドラグ性能があります。

なぜならカレイ釣りは、引き釣りではなく「待ちの釣り」だからです。

f:id:kikoropapa:20181029230020j:plain

まずは1万円以内のリールを

さて、話は戻して、どうしてドラグ性能の無いアクティブサーフ細糸仕様を買ったのかと言います、まずはその価格です。

ネットでの販売価格は7,000円程度。

安心のシマノ製に加えてコスパ的にも、バッチリです!

もう1ランク上の遠投用リールになると2万円前後なので、初心者にとっては恐ろしくて手が出せる代物7ではありませんよね(笑)

シマノのHPによると、スプール(糸を巻くところ)は上位機種にも採用されているというアルミ製。ふむふむ。

少しでも遠投するために重要な「糸ヨレ」を減らして、投げたときに糸がスムーズに出ていくためのベアリングを装備しているそうです。

つまりは、安価な割に遠投できるポイントが押さえられているコスパの良いリールだと思います。

遠投用リールには遠投用の竿を

ただ気を付けてほしいのは、こうした遠投用リールは、大きいということです。

スプールの直径は69mm。結構大きいです。

このスプールの大きさがあるから、スムーズに糸が出ていくのですが、短い竿に付けるとバランスが悪く、ものすごく投げにくいです。

ですので、このリールを付けるのであれば、やはり遠投用の竿が必要になります。

ちなみに私がこのリールと同時に買ったのが、シマノの サーフリーダー405CXTです。

その名の通り、長さは4.05m。

これくらい長さがないと、投げ用の大型リールはバランスが合わずに使えません。

ですのでリールだけではなく、一緒に投げ用の竿も買われるのをオススメします。

高いリールは性能も高い!

物事なんでもそうですが、慣れてくるとちょっと良いものが欲しくなりますよね。

未だにへっぽこアングラーの私ですが、どうしても欲しくて買ってしまったリールが、シマノのスーパーエアロサーフリーダーです! 

何が違うのかというと、まず価格。これは高いです。

アクティブサーフに比べると約3倍! 2万円を超します!

なので、よほどキス釣りが好きでないと、買えない価格です。奥さんを説得できないでしょう(爆)。

しかーし!!

性能面では、かなり優れています!

例えば、スプールから出た糸が竿に当たるのを減らす「0度ボディ」を採用。竿に糸が当たるのが減る分、より遠くへ飛ぶ、という理論だそうです。

実際、よく飛びます。

軽さはバツグン 驚きです!

一番の違いは、軽さです!

これが一番、驚きました!

アクティブサーフが595gの自重に対して、スーパーエアロサーフリーダーは、355gしかありません。

ほぼ半分です!! ぎょえー!!

並べてみると、こんな感じです。左がスーパーエアロサーフリーダーです。

若干コンパクトなのが、分かりますでしょうか?

f:id:kikoropapa:20181029224958j:plain

この240gの差はとても大きく、初めて竿に付けたときは「え、リール付け忘れた?」と感じるほど、軽かったです。

ウソじゃないっすよ! マジっす!!

サーフでのキス釣りのように、竿を手で持つ時間が長いときは、この240gの違いが大きいのです! 

ただ、キス釣りを始めたばかりのときに、このリールが買えたかというと、その勇気はなかったですね~

遠投用の竿だけで2万円しますから、さらにリールで数万円というのは、肩身の狭いパパリーマンとしては、あり得ないです。

ですが、もしキス釣りを快適に3年以上はしたいな~、と思うのでしたらスーパーエアロサーフリーダーは超オススメのリールです。

間違いありません!!

まずは1万円以下のリールから

というわけで、まずは1万円以下で手に入るリールから始めてもらい、それでも何シーズン(数年)に渡って、キス釣りをしよう、と考えるのであれば、いいリールを購入されてはいかがでしょうか?

さぁ、皆さん! サーフでキスが呼んでいます! ゴールデンウイークに間に合うように、キス釣りの準備に励みましょう!

シマノ リール SAアクティブサーフ 細糸
リール ハンドル:左右付け替え可能。自重:595g 許容耐力:20.0kg ナイロン糸巻量(号-m):1.2-250/1.5-200/2-150 PE糸巻量(号-m):0.8-250/1-200/1.2-165 最大巻上長:82cm(ハンドル1回転あたり)
 
シマノ リール 13 スーパーエアロ サーフリーダーCI4+ 35 細糸仕様
リーリングの滑らかさと軽さを高める「X-SHIP」、軽くて強いカーボン素材「CI4+」をボディとローターに採用し、様々な側面から追求された「軽さ」により高い感度を発揮。わずかなアタリも明確に伝えます。
 

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村