愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

ダイソーでメタルジグ買ってみた。

f:id:kikoropapa:20200512224639j:plain

お疲れんこん、きころパパです。

釣りを自粛している期間中に生活道具を買いにダイソーに行ったときに、ついつい噂の(?)メタルジグを買ってしまいました。

1つ税別100円という超コスパの良い商品です。

上の写真のように、見た目は釣り具メーカーのメタルジグとそう変わりません(言い過ぎか?)。

でも、そのまま使うのは、何となく心もとないので、いろいろと簡単な「お手入れ」をしてみました。

その時の様子をご報告します!

まだ実釣をしていないので何とも言えませんが、ダイソーのルアーに興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

お気に入りのカラーをチョイス

今回私が購入したのは、ダイソージグの18g。

ショアジグ初心者の私は、基本的に40g前後のメタルジグを使っていて、20g前後のルアーは持っていません。

持っていないサイズでないと、実釣では使わないと考えたので、持っていない重さのものを選びました。

カラーはほかのルアーでお気に入りの、シルバー系、ブルピン系、グリーン系をチョイスしました。

f:id:kikoropapa:20200512224743j:plain

フロントにはフックはありませんが、見た目は釣り具メーカーのメタルジグとそう変わらない感じですよね!

まぁ細部を見ていけば、気になる部分もあるのですが、それは「置いといて~」。。。

お手入れしたポイントは

今回購入したダイソーの100円(税別。。。)メタルジグで、「お手入れ」したのは、次の3点です。

  1. ウレタン塗装で表面をガード
  2. フロントフックの追加
  3. リアフックの交換

ウレタン塗装で表面をガード

メタルジグは海底に落として底を取ることが多いので、表面の塗装が剥げやすいです。

そこで私はルアーの表面を守るために、ウレタン塗装をしています。

で、今回のダイソージグにも同じくウレタン塗装をしました。

方法はいつもの通り、ウレタンの瓶にジグを落とし込む、いわゆる「ドブ浸け」です。

こんな感じでウレタンに漬け込みます。

f:id:kikoropapa:20200512235506j:plain

フロントのスプリットリングとリアのトレブルフックを外して、ウレタンの瓶にドブ~ン、と漬け込みます。

ウレタンが乾くたびにルアーの上下をひっくり返し、合計4回漬け込んだら、完成です。

使ったのは東邦産業のウレタンフィニッシャーです。

Amazon参考価格¥825
(2020/6/28 17:05時点)
メタルジグ・ルアー等のコーティング用一液ウレタン塗料です。仕上がりは強靭で透明度も高く簡単にコーティングが出来ます。
 

なお、ウレタンドブ漬けの詳しい方法は、過去記事をご覧ください! 

www.kikoropapa.com

フロントフックの追加

さて、今回購入したメタルジグには、フロントのアシストフックが付いていません。

リアフックがあるだけです。

フロントフックは、魚が正面や横から食いついた時にはメーンフックになります。(こんな言い方あるんかな?)

ですので、近所の釣具店でフロントフックを購入。3つ全部に付けました。

f:id:kikoropapa:20200513002559j:plain

フロントフックに使ったのは、カルティバの投技フック早掛シングルの2号です。

信頼のカルティバから、ジグの中央部分に針がくるものを選びました!

リアフックの交換

ついでにリアフックも、交換しました。

理由は特にありませんが、何となくです。

何となく、市販の釣り具メーカーのほうがいいかな~、って考えたので。。

ちなみに交換したのは、うちにあった予備のトレブルフックです。

サイズは6号。スプリットリングも一緒に交換。

ちょっと使っていたお古ですが、もともと付いていたリアフックと同じくらいのサイズで、バランスがいいものを選びました。

「実釣編」あるか?

これで今回の「お手入れ」は終了です!

メタルジグ本体よりも、追加したフックのほうが高いという変な状況ですが、早く使ってみたいです!

果たして、ダイソールアーを使って、初心者の私が釣果を上げることができるのでしょうか?

いつか「実釣編」を報告したいと思います!

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

早く安心して釣りに行けるようになりたいですね!!

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣り・フィッシングランキング