愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

シマノの低価格リール「シエナ」使ってみた!

f:id:kikoropapa:20201010034043j:plain

お疲れんこん、きころパパです。

さて相変わらずアジングよりもサビキでアジを釣るのが好きな私ですが、先日サビキ釣り用にと、新しいリールを買っちゃいました!

それが上記写真のシマノの「シエナC3000」です!

ブラックのボディに紅(くれない)のスプールが超カッコいい、まるで「シャア専用」のようなリールです。

早速、投げサビキで使ってみましたが、巻き心地やドラグ機能にも問題なく、快適に釣りができました!(釣果は別として。。。)

まだ使い込んではいませんが、サビキ釣りの主力ラインナップに加わることは、間違いないと思います。

ということで、今回はシエナの使用感などをご紹介したいと思います。

私のように安価なリールを求めている方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

シエナの実売価格は3000円台

さてこのシエナ、シマノの公式HPによると1000番~4000番までの5種類あり、いずれも番手に合ったナイロンラインが巻き付けてあります。

私が買ったC3000にはイエローのナイロンライン3号が150メートル巻いてあります。

HPでは本体価格は「バリュープライス」とあるので、アマゾンさんで実売価格を調べてみると、2020年9月8日現在で売っている1000~4000番まではすべて3000円台でした。

安価で糸付きとは・・・アリビオの後継機?

糸付きで価格が3000円台というと、一家に一台ある(わけないか。。)シマノのアリビオを思い出しね。

わが家のアリビオとシエナを並べると、こんな感じです。

f:id:kikoropapa:20201025145128j:plain

アリビオもC3000ですので、ほとんど大きさは変わりません。

アリビオの高級感あるマットな感じも好きですが、シエナの紅(くれない)のほうが断然カッコいいと思います。

ちなみに、シエナの1ランク下になる「FX」シリーズも糸付きです。

シエナもスムーズな巻き心地

さてシエナの使用感ですが、投げサビキで使ってみたところ、さずがに新品なので快適な巻き心地でした。

ハンドルはスムーズによく回りますし、ガタつきもありません。

公式HPによると、シエナC3000の最大巻上長はハンドル1回転で71㎝です。

上位機種のサハラC3000の最大巻上長が73㎝ですので、そう変わりません。

シエナにはドラグ機能もあり

シエナには全機種でドラグ機能も付いています。

f:id:kikoropapa:20201010044122j:plain

私が大好きなアジのサビキ釣りでは、25㎝を超えるアジが釣れた時には、ドラグがないとバレるときがあります。

ですので、サビキ用のリールにはドラグ機能が付いているものを使っていますが、その点でもシエナは合格点ですね。

付属ラインがうれしい

前述したようにシエナには、リールの番手に合わせたラインが初めから付いています。

出荷時から巻き付けてあるので巻きグセが気になりましたが、こちらも問題なし。

仕掛けを投げたときのライントラブルを防止するという「AR-Cスプール」搭載ですので、いきなりのライントラブルもなかったです。

今回、このイエローのラインが気に入ったので、イエローのラインを追加購入して、ほかのサビキ用のリールもイエローラインにしました。 

f:id:kikoropapa:20201025145345j:plain

 

ということで、今回はシマノの「シエナC3000」を紹介いたしました。

コスパ的には問題のない、カジュアルなリールという感じです。

さすがシマノさんですね。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣り・フィッシングランキング