キス釣り「無限仕掛け」自作をオススメ ちょい投げでも大活躍ですよ!

キス釣り
スポンサーリンク

ほんてろんお疲れんこん、きころパパです。きょうもご覧いただき、ありがとうございます!

さて今回は、キス釣り用の「無限仕掛け」の作り方を紹介します。

針数を自由に決められて、ちょい投げでも遠投でも活躍する、とっても便利な仕掛けです!

市販仕掛けよりもコスパが良くって、キス釣りが好きな方や、これからキス釣りを始めたい方たちにもオススメです。

記事の後半には、枝針をスピーディーに結べる方法も紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

「無限仕掛け」って何?

そもそも「無限仕掛け」って、何でしょうか?

1本のなが~い幹糸に、何本も何本も無限に(実際は限りがありますが)枝針が付いていて、5本針にしたり、2本針にできたりと、とっても使い勝手のいい仕掛けのことです。

例えば、市販されているものでは下記のようなものがあります。

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥2,446 (2021/08/03 14:12:38時点 Amazon調べ-詳細)

市販品では、針が50本で2,000円くらいが相場でしょうか。

自分で作らなくても、こうした市販品を買っても良いと思います。

無限仕掛けの使い方

では、こんな針ばっかりの仕掛け、どのように使うのでしょうか?

基本的には「砂ズリ~幹糸」+「回転ビーズ(ハリス止め)」+「無限仕掛け」という組み合わせで使います。

回転ビーズとの組み合わせは、下のイラストのようなイメージです。

回転ビーズは、ハリス部分の交換が簡単にできるアイテムで、使う糸の太さに応じてサイズを選びます。

回転ビーズを使うことで、「砂ズリ~幹糸」部分は同じものを使えて、ハリスである無限仕掛けだけを変えることができます! ハリス止めでもOKです。

こうしたアイテムと組み合わせることで、無限仕掛けがその性能を発揮するのです!

無限仕掛けのメリットは?

では無限仕掛けを使うメリットは何でしょうか?

主に次の二つだと思います。

  • 自由に針数を決められる
  • 針が切れても交換が簡単

やはり一番は、釣り方や釣る場所に応じて、針の数を自由に変えられる点です。

これは大きいです!

根掛かりしそうな場所では2本針にしたり、反対に砂地では5本針にしたり。

もう一つは、根掛かりなどでハリスが切れても、回転ビーズから下の針(仕掛け部分)を交換することで、仕掛けを再生できることです。

市販のキス仕掛けで針が切れても、「砂ズリ~幹糸」部分が無事であれば、先端に回転ビーズを付けて、そこから無限仕掛けをつなぐ、という方法もありです!

無限仕掛け作りの材料

さて私が使っている、無限仕掛け作りの材料や道具は、次のものです。

  • 幹糸用のフロロカーボンライン
  • ハリス用のエステルライン
  • キス針
  • 針結び機
  • 薄手の段ボール紙(通販が送られてくる段ボール箱の底に張り付いているやつ)
  • 空のスプール

幹糸にフロロカーボンを使用

幹糸(モトス)には1.5号のフロロカーボンを使っています。

フロロカーボンは水に沈みやすく根ずれにも強いので、海底のエサを探すキスを狙うには持って来いのラインです。

ただ、たまにナイロンラインを幹糸に使うときもありますが、あまり釣果の差を感じたことはありません(笑)。

ハリスはエステル一択

次は針を結ぶハリスです。これはエステルライン一択です!

私は0.8号を使っています。

ナイロンやフロロカーボンも使ってみましたが、どちらも結局フニャっとしてしまい、本線に絡みつくことが多く不向きです。

ですが、エステルラインはピンっと張っていて、本線に絡まることが少なかったので、今はエステルラインで作っています。

created by Rinker
ゴーセン(GOSEN)
¥732 (2021/08/03 17:55:13時点 Amazon調べ-詳細)

キス針はキスの大きさで選ぶ

キス針は狙うサイズに応じて選んでいます。

私はいつも20㎝クラスを狙っているので、キス針7号を使うことが多いです。

最近のお気に入りは、がまかつ「がま投げキス」ささめ針「アスリートキス」です。

小さい針を使うと、針を飲み込まれてしまうことが多かったので、小さ目の針は、あまり使わないようにしています。

まずは土台をつくる

準備が整ったら、まずは仕掛けを巻き付ける土台を作ります。

もちろん市販の仕掛け巻きを使ってもいいのですが、わたしは段ボール紙を空スプールに張り付けたものを作り、それに仕掛けを巻き付けています。

こんな感じです。

スプールより1㎝程度大きめに切った段ボール紙を、のりで張り付けただけのセコイ代物です。

最終的には、この段ボールのガタガタ部分に針を引っかけます。

幹糸の先端に直接針を結ぶ

土台ができたら、針を結ぶ作業です。

簡単にするために、わたしは幹糸(仕掛けの本線)の先端に、1つ目の針を直接結んでいます。

針を結んだあとは、段ボールスプールに針を引っかけます。

このあとは、枝針をどんどん結んでスプールに引っかけていきます。

針結び機でスピードアップ

無限仕掛けを作るときに欠かせないのが「針結び機」です。

こいつです↓

f:id:kikoropapa:20200216134433j:plain

素早く、しかも確実に針を結べる針結び機は、無限仕掛けを作るときの信頼できるパートナーです!

私が使っている針結び機は、ハピソン針結び器 SLIMⅡです。

created by Rinker
Hapyson(ハピソン)
¥3,122 (2021/08/03 21:29:16時点 Amazon調べ-詳細)

これがあれば、テレビを見ながらでも1時間で20本ほど針を作ることができます!

無限仕掛けのような針をたくさん結ぶときは、針結び機を使うに限ります!

枝針はスピーディーにつくる

次に、幹糸を段ボールスプールに巻きつつ、先端の針から20~25cm部分に枝針を結びます。

枝針の結び方は、いろいろありますが、わたしが実践しているのは「漁師結び」などと言われるものです。

この結び方は早くて、しかも強い!

28㎝のキスが釣れても、針は抜けませんでした!

これをマスターすると圧倒的速さで枝針を結べるようになるので、ここで結び方を紹介させていただきます!

枝針の結び方

赤糸が幹糸(フロロ)、青糸がハリス(エステル)、ハサミが針だと思って見てください。

1、枝針を付けたい幹糸部分を1回ひねって、輪っかを作ります。

2、輪っかにした幹糸をもう1回ひねって輪っかを保持します。

3、竿側の幹糸(B点)を輪っかに通します。

するとこんな形になります。

4、上写真の幹糸C点を引っ張って、B点の上に持っていきます。(かぶせます)

すると、下のようになります。

5、C点とB点の間にできた輪っかに、針が付いたハリスを通して、A点がある幹糸の上を通します。

6、枝針の長さを決めたら、幹糸を左右から締め込みます。

水などを付けて、しっかりと締め込むと、「コキン」という感触があります。

7、余分な糸を切ったら出来上がりです。

で、実際に出来上がった枝針が下の写真です。

ハリスにエステルを使っているので、ピーンとしているのが分かりますよね!

ハリスはエステルの0.8号。長さは2~3㎝にしています。

幹糸はフロロの1.5号で、針と針の間は25㎝くらいです。

この組み合わせが、一番しっくりきますね!

最後に。。。

枝針は1つ幹糸に結んだら段ボールスプールに針を引っかけて巻き付け、また枝針を作って幹糸に結んで・・・ と、同じことを繰り返していきます。

この繰り返しで20本程度針を付けて、完成です。

あとは針の根元に蛍光玉を付けたり、蛍光素材のチューブを付けたりと、いろいろと工夫してみても面白いと思います。

 

ということで、かなり長くなりましたが、キス釣り用の無限仕掛けの作り方を紹介しました。

市販の仕掛けよりもコスパはいいと思いますので、自作してみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣り・フィッシングランキング
タイトルとURLをコピーしました