愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

キス釣り エギングロッドでやってみた

お疲れんこん、きころパパです。 

シロギス釣りのシーズン到来ですね!

最近は、エギングロッドやルアーロッドでのチョイ投げが、よく釣り雑誌でも紹介されていますよね。

果たしてエギングロッドでキスは釣れるのでしょうか?

短めの投げ竿でキス釣りをすることの多い私もネタ作り(?)のためにやってみました!

エギングやルアー釣りをしているけれど、キス釣りにも興味がある!

という方はぜひご覧になってください!

20㎝級キスの実績地で挑戦!

今回、キス釣りに挑戦したのは愛媛県大洲市の長浜エリア。

アオリイカが本命だったので、夕まづめに釣り場に到着です。

こんな風景が広がるエリアです。

f:id:kikoropapa:20180624155849j:plain

入り組んだ湾状になっているポイントで、手前は海藻が多く、ちょっと先に砂地があって、その辺りでキスが釣れるというところです。 

20㎝級のキスが2本針に同時に掛ったことや、20㎝級のキスが1日に10匹程度釣れた実績があり、しかもほとんど釣り人もいないという絶好の釣り場です! 

なので、ここがどこかは、あまり詮索しないでください(笑)。

エギングロッドでキスは釣れるか?

今回使ったのエギングロッドは日ごろ使っている「シマノのセフィアBB S806M」です。

自重が100グラムを切る軽量モデルで、シマノさんのHPによると汎用性が高くフィールドを選ばない、とか。

釣り雑誌などによると、エギングロッドやルアーロッドでのキスのチョイ投げには、6~8フィートのロッドが適しているとか。

うん、ちょうどいい感じの長さですね~。

でもさすがに、キス釣りに使われるとは想定していないだろうな~。

ゴメンなさい、シマノの人たち。

シマノ エギングロッド セフィア BB S806M 8.6フィート
軽さをキーワードに操作性を追求し、自重100gを切る軽量化を達成(MHモデル除く)。高い弾性率の素材を使い、1クラス上のシャクリ感と振り軽さを実現。シマノオリジナルリールシート、細身コンパクトなセパレート型グリップなどグリップ周りにもこだわり、軽さ・調子・デザインをハイレベルで兼備させた待望のBBモデル。
 

リールもエギング用を流用

ロッドが決まったところで、次はリールです。

これもエギング用のリールをそのまま使いました。

私が使っているエギング用のリールは、下のシマノのセドナ2500S

f:id:kikoropapa:20180717224709j:plain

別記事にも書きましたが、あまりにも使い勝手とコスパがいいので、チョイ投げ用とエギング用に同じのを2個持っています。

リールに巻いているメインラインはPEライン0.8号で、リーダーはナイロン3号を1ヒロほど。

メインラインも、リーダーも、すべてエギング用を流用しました。

ちなみに、私がキス釣りのチョイ投げ用にリールに巻いているのも、0.8号のPEラインです。

リーダーは3~4号のナイロンかフロロカーボンです。

メインラインは、チョイ投げ用なのでPEラインじゃなくてもいいのでは?

と思う人もいるかもしれませんが、声を大にして言います!

チョイ投げこそPEラインを使いましょう!

短い竿でちょいっと投げる釣りでは、ナイロンよりも遠投性の高いPEラインが絶対に有利です。

エギングでも飛距離を稼ぐためにPEラインを巻いている方が圧倒的に多いと思います。キス釣りでも、それをそのまま使いましょう!

仕掛けは2本針がちょうど良い

さっそく、自作の2本バリ仕掛けにニホンゴカイを付けて、ちょいっと投げてみます。

仕掛けの長さは70~80㎝ほどにしました。

遠投のキス釣りでは、一ヒロ(約1.7m)の仕掛けを使っていますが、短い竿では70~80㎝くらいが扱いやすいですね。

市販の仕掛けでも、キス釣りのチョイ投げ用があるので、その短めのやつが使いやすいでしょう。

針数が3つ以上になると、仕掛けも長くなってくるので、短い竿では投げづらくなります。

あまり欲張らずに、針は2本くらいが投げやすく、扱いやすいと思います。

 

オモリはチョイ投げ用を

オモリは18gの下記のものを使いました。「エギング・シーバスロッドに最適!」らしいです。

ささめ針(SASAME) TKS36 特選SLスカイシンカー(イエロー) 18  
自立式のシンカーです。根掛かりしにくい作りで、ポイントをダイレクトに攻められます。
 

ただオモリ選びは、ロッドの適合オモリの重さをきちんと把握したうえで選んでください。

エギングロッドであれば、3.5~4号くらいのエギが投げられるものが多いと思います。

3.5~4号のエギの重さは種類にもよりますが、20~25g前後でしょう。

ですので、そのくらいの重さまでのものを使うといいでしょう。

エギングロッドでキスは釣れるか?

さて、いよいよ実釣です!

実績としては文句のないポイント。

ただ、いつものチョイ投げ竿よりは、柔らかいエギングロッドなので、構えると、よくしなるので、ちょっと怖いです。。。

そして、恐る恐る投げたこともあってか、ショートの投げ竿よりは飛距離は出ませんでした。

ただ操作性はよく、狙ったポイント近くに仕掛けを投げることができました。

オモリが着底してから、少しずつ仕掛けをサビいていきます。

竿先は柔らかいですが、海底の起伏もなんとなく感じます。

でもやはり投げ竿に比べて竿が軟らかいからか、ちょっと頼りない感じも。。。

 

と思っていると、1投目からいきなりヒット!

エギングロッドでも、キスの強烈な当たりは的確に手元まで伝えてくれました。

軽く合わせて上げてみると、15㎝くらいの綺麗なシロギスです。

リリースするかどうか微妙なサイズですが、針を飲んでいたのでキープです。

いや~ あまりにもあっさり釣れたので、ちょっと拍子抜けしました。

これはポイント選びが良かったのかな?

f:id:kikoropapa:20180604200849j:plain

臭いや汚れが気になる・・・

ちょい投げ用の投げ竿も一緒に持っていって、こんな感じで用意していました。

f:id:kikoropapa:20180604200302j:plain

左がチョイ投げ用の275㎝の竿。右がエギングロッドです。

で、早速キスが釣れたのはいいのですが、キスって結構「キス臭い」ですよね?

ゴカイを触るから、手や竿にはゴカイの臭いも移るし。

そこでふとエギングロッドのリールシートに目をやると、なんだかスポンジみたいな素材が・・・

下の写真の丸の部分です。

f:id:kikoropapa:20180604223422j:plain

ここって、臭いや汚れがメッチャ染み込みそうじゃないですか?

ブラシでゴシゴシこすったりすれば、すぐにボロボロになりそうだし・・・

と思い出したら、はい終了!

エギングロッドを使うのは、この1投だけでやめました。

キス釣りは投げ竿のほうが安心!

ということで、そのあとは、いつものように投げ竿でちょい投げです。

当初の目的は、もう忘れています。

やはり思い切って投げられるし、臭いや汚れも気にならないので安心ですね!

エギングロッドでのキス釣りは、投げ竿を持っていない人向けでしょう。

そりゃそうか(笑)。

 

結局この日のキス釣りでは、あといくつか釣って暗くなったので終了。

20センチ超は2匹だけ。下のキスが一番大きかったです。

写真には無いですが、20センチくらいのカワハギも釣れました。

f:id:kikoropapa:20180604223819j:plain

エギングタックルはキス釣りに流用可能

今回の結論としては、エギングのタックルは、ロッドもリールも、そのままちょい投げのキス釣りに流用できる、ということです。

PEラインやリーダーも、巻いたままでOKです。

ただ、キス釣りとアオリイカの決定的な違いは、臭いの強さですかね~

シロギスの臭いがエギングロッドに付くことを考えたら、キス釣りを本格的になろうと思う方には、ぜひ投げ釣りロッドをオススメします。

私が使っている275㎝のショートロッドがおススメですが、残念ながら廃番になったようなので、その後継機を下記にご紹介しておきますね。

 

シマノ (SHIMANO) 投げ竿 17 ホリデースピン ショートモデル (振出) 275HXTS
防波堤からサーフまで扱いやすいショートモデル。コントロール精度の向上に欠かせないキャスコングリップも搭載。新たに採用された塗装手法で高級感も大幅にアップしました。
 

仕掛けなどの詳細はこちらの過去記事をどうぞ。

ちゃんちゃん(^^♪ 

www.kikoropapa.com

 

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村