尺メバルをゲット! フロートメバリングで専用ロッドをオススメする5つの理由

2023年9月10日

月下美人メバルモデルic1

お疲れんこん、きころパパです。今日もご覧いただき、ありがとうございます!

皆さん、メバリング楽しんでいますか?

わたしはこれまでエギングロッドを使ったフロートメバリングを2年ほどしていたのですが、魚の取り込み時にバラしたり、小さなあたりを逃したりすることが多く、悩んでいました。

そこで先日、高コスパで人気のメバリング専用ロッド、ダイワの「月下美人メバルモデル83M-T」を購入。

するとバラシはほぼゼロになり、小さなあたりでも良型の魚をゲットすることができるようになりました!

2023年12月には、この「月下美人メバルモデル83M-T」で尺メバルをゲット!

syakumebaru

足場が低かったので、最後は尺メバルを抜き上げることができました!

もっと早くメバリング専用ロッドを買っておけばよかったと、すっごく後悔しています!!

そこで今回はこれからフロートメバリングを始めようという方や、私のようにエギングロッドを使っている方に、メバリング専用ロッドのメリットをお伝えします。

メバリング専用ロッドで、ぜひ良型メバルをゲットしてください!

それでは最後までご覧ください!

フロートメバリングとは

フロートメバリングとは、シャローフリークなどの飛ばしウキを使って遠投してメバルを狙う方法です。

ジグ単では探りきれない、より広範囲を狙うことができるので、その分釣果も見込める、という釣りです。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

shallow-freak3
参考シャローフリークでメバリング 25㎝超を連発!

続きを見る

メバリング専用ロッドを使うメリット

月下美人メバルモデルic

さてフロートメバリングで、専用ロッドを使うメリットとは何でしょうか?

エギングロッドから持ち替えた私が、「月下美人メバルモデル83M-T」を使って特に感じたのは次の5つです。

  1. バラシが激減
  2. 小さなあたりも取れる
  3. 25㎝級でもパワー負けしない
  4. グリップが短く合わせやすい
  5. 飛ばしウキを投げやすい

これらは実際に購入後3週連続でフロートメバリングをして感じた点です。

いや~本当にもっと早く買っておけばよかったです、メバリング専用ロッドを!

では一つずつ、メリットを詳しく説明しますね!

バラシが激減

月下美人メバルモデル2

写真は2023年8月、「月下美人メバルモデル83M-T」を購入後の最初の釣行での釣果です。

真夏のメバリングでしたが、20~25㎝程度のメバルが10匹(20㎝未満はリリース)のほか、20~23㎝程度のアジも8匹釣れました。

それまで使っていたエギングロッドはメバルを釣るには全体的に固めで、魚の抵抗をうまくいなすことができず(私の腕前もありますが)、バラすことが度々ありました。

しかし「月下美人メバルモデル83M-T」は、しっかりと竿が曲がってくれるので、魚とのやり取りが簡単になり、バラシが激減!

海面から抜き上げるときも、サイズにもよりますが、アジの口切れはかなり減りました!

そのおかげもあり、2~3時間で写真の釣果を得られたのです。

小さなあたりも取れる

エギングロッドと比べても仕方のないことですが、さすがにメバリング専用だけあって、本当に小さなあたりを感じることができるようになりました。

そのため、遠くの小さなあたりも逃すことが少なくなり、釣果もアップ!

エギングロッドでは、弾いていたようなあたりも、しっかりかけることができるようになりました。

きころパパ
小さなあたりに反応して魚を掛ける快感が味わえました!

25㎝級でもパワー負けしない

小さなあたりをとらえやすく、竿も曲がってくれるので、良型メバルとのファイトはどうなのかというと、これも全然問題なし!

上記写真の上の2匹はいずれも25㎝でしたが、一度、魚を掛けると竿が仕事をしてくれるので、25㎝級のメバルでも、グイグイと寄せることができます。

ダイワの公式HPには「粘ってメバルの動きを封じ込める粘り調子」という説明がありますが、これを実感できるパフォーマンスが「月下美人メバルモデル83M-T」にはあります。

グリップが短く合わせやすい

月下美人メバルモデル4

これは竿や体格によって違いがあるのですが、わたし的には地味に重要ポイントでした!

私が使っていたエギングロッドに比べると、今回購入したメバリングロッドはリール部分から竿尻までが、数センチ短いです。

写真で見ても、ほとんど同じにしか見えませんが。。。

ですが、この数センチが重要で、竿を握ったときに竿尻がヒジの内側にすっぽり入るので、片手で素早く手首を返して「ピシッ!」っと合わせるのが、とてもやりやすいです。

エギングロッドでは、「腕」で合わせる感じだったので、「手首」を使ったこの素早い合わせで魚を掛けたときは、もう快感です!!

きころパパ
釣りをしていて「メッチャ楽しい!!」と感じる瞬間ではないでしょうか!

特にショアジギング用ロッドでフロートメバリングをしている人は、グリップの短さによるメリットを、より実感できると思いますよ!

飛ばしウキを投げやすい

shallow-freak1「月下美人メバルモデル83M-T」の適合ルアー重量は2g~15gで、飛ばしウキを投げられるスペックがあります。

私が愛用する、アルカジックジャパンの飛ばしウキ「 シャローフリーク」の一番重たいダイブ(16.6g)を何度も投げてみたのですが、問題なく使えました。

(メーカーの適合範囲を超えているので、そのあたりは自己責任で。。。)

自作の飛ばしウキ(約12g)でも、竿が良くしなってくれて飛距離も十分。

良型メバルやアジをゲットすることができました!

きころパパ
フロートは10~12g前後が投げやすかったですね~

フロートメバリング ロッド選びの重要ポイント

では、フロートメバリングをする際の竿選びでのポイントとは何でしょうか?

ご存じの通り、メーカーやタイプによって、竿の固さや使えるルアー重量が異なったりします。

フロートメバリングの場合は飛ばしウキを使うので、飛ばしウキの重さに耐えられるものでないといけません。

例えば、私が今回購入した「月下美人メバルモデル83-M」であれば、適合するルアー重量は2~15g。

この範囲を大きく超えると、ロッドの破損につながりかねませんので、十分気を付けてください。

(と言いながら、私はシャローフリークの16.6gを使っていますが。。。)

ちなみに同価格帯で見ると、月下美人の対抗馬としては、シマノの「ソアレBB」や、メジャークラフトの「3代目クロステージ」などになると思います。

それぞれロッドの特長やルアーの適合重量に違いがあるので、自分の好みに合ったフロートメバリング用の竿をいろいろと探してみるといいかと思います。

まとめ

ということで、今回も独断と偏見で、メバリング専用ロッドを使うメリットを紹介させていただきました。

今回私が購入した「月下美人メバルモデル83M-T」で感じたメリットを復習すると、

小さなあたりもピシっと合わせられて、バラシが少ない!

15g超の飛ばしウキも遠投でき、25㎝級のメバルもグイグイ寄せることができる!

ということになろうかと思います。

何度も言いますが、本当にもっと早くメバリング専用ロッドの「月下美人メバルモデル83M-T」を買っておけばよかったです!

専用ロッドを買おうかどうか迷っている方、絶対に買った方がいいです!

ぜひ皆さんもメバリング専用ロッドで良型メバルを釣り上げてください!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

ポチっと応援お願いします!

-メバリング