愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

キス釣り 仕掛け 自作のススメ

お疲れんこん、きころパパです。

キス釣りのシーズンを前に、仕掛けを自分で作ってみようと思う今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしですか?

私はキス釣りを始めてから、仕掛けは自分で作るようにしています。

やはりコスパが良いですし、作る楽しさがありますよね!

ということで、今日は勝手にキス釣りの仕掛けについて紹介させていただきます!

 段ボールと空スプールで無限仕掛け

ちなみに、私が作っているキス釣りの仕掛けは、こんな感じです。

 f:id:kikoropapa:20180329224603j:plain

無限仕掛けタイプの10本バリです。

見ての通り、段ボールを丸く切り抜いたものに、使い古しのスプールを貼り付けて土台を作り、そこに糸と結んだ針を引っ掛けています。セコイ仕掛けです(笑)。

 では、キス釣りの仕掛けづくりを、私がどのようにしているかをご紹介します。 

 私が使っているのは、次の5つです。

f:id:kikoropapa:20180330231545j:plain

モトスは1.5号 安価なナイロンがオススメ

1は、仕掛けの本線(モトス)に使っている1.5号の糸です。写真は東レのナイロンライン「銀鱗」。このパッケージが好きで、ずーっと使っています。

仕掛けの本線となるので、使用量が多いことから、比較的安価なナイロンラインがコスパ的によろしいかと思います。

東レ(TORAY) ライン 銀鱗 50m 1.5号 ナチュラル
60年の間、信頼を得てきた日本初の高品質ナイロンテグス。道糸の代名詞ともいえるほどの伝統ブランドです。
 

2は、ハリス(針に結ぶ糸)に使う糸。私はナイロンかフロロカーボンの0.8号か1.0号を使っています。

ちょっといいサイズ狙いのときは1.0号。小ぶりでも数釣りのときは0.8号、というふうに何となく使い分けていますが、実際は釣れるサイズはまちまちなので、こだわる必要はないかもしれませんね~。

ちなみに、ナイロンか、フロロカーボンかの違いですが、正直言ってそんなに差を感じたことがありません。

ただフロロカーボンのほうが、ナイロンよりも比重が大きいので、仕掛けを海底に這わせやすいとも考えられますが、実際は海中を見たことないから、分かりません。

ですので、個人的には素材やメーカーに関係なく、安価なものを使うことが多いです。

このときは、たまたまあった東レのを映しました。古いですが。。。釣具店で安価なものを選ぶとよいと思います。

針は がまかつ7号がお気に入り

3はハリです。私がよく使うのはがまかつの「がま投キス赤7号」か「キススペシャル7号」です。色はともに赤が反応がいいです。

冒頭の写真で使っているのは「がま投キス赤7号」。

がまかつ(Gamakatsu) がま投キス 赤 7号
キスのサイズを問わず、一度食いつけば、しっかりキープする鈎先の鋭さが自慢です。
 

これは狐針の形状に近く、一度かかればバッチリ食い込むので、大型でもかかります。最大28センチを釣り上げたことがあります。

最近、お気に入りなのが、がまかつの「キススペシャル7号」です。

がまかつ(Gamakatsu) シングルフック ザ・ボックス キススペシャル 7号 100本 赤
とくに鈎先が鋭く、鈎掛かりは抜群です。繊細な釣り、数釣りに強く、トーナメント派のためにうまれました。
 

同じメーカーの7号でもこちらのほうが小ぶりで、細軸仕様になっています。

個人的感想ですが、このキススペシャル7号のほうが、食いがいいように感じます。やはり小ぶりな分、キスのおちょぼ口に合うのでしょうか?

私的にはこのサイズはもはや自分で針に結ぶことはできず、次に紹介する針結び器がないと、むきーーっっ! ってなります。

ハピソン 針結び器は 必需品

4は、無くてはならない「針結び器」です。

これがないと、無限仕掛けは、まず作れません。

手で針を結ぶよりも早く、そして確実に針に糸を結べます。私が使っているのは、ハピソンの薄型針結び器です。

ハピソン(Hapyson) YH-720 乾電池式薄型針結び器 SLIMⅡ
薄型仕様でポケットにも入れやすく、携帯しやすいサイズ。対応ハリス0.1~6号までと極細糸にも対応。ハリスカッターも本体に付いており更に便利に。
 

特にキス針は小さいので、これを素手でやろうとすると、ムキキッ――ってなります。我慢強い辛抱強い人はできるかもしれませんが、私は無理です。

針結び器の使い方は、こちらの過去記事をご覧ください。 

www.kikoropapa.com

スプールに巻いて でき上がり

5は、段ボールに使い古しのスプールを引っ付けたものです。

段ボールは、アマゾンとかの通販商品が送られてくるときに、中敷きとかに使われている薄めの段ボールを使っています。タダです。

段ボールをスプールの大きさに合わせて丸く切り抜き、瞬間接着剤でスプールに貼り付けます。

この段ボールの溝が、ミソです。

f:id:kikoropapa:20180404225728j:plain

この段ボールの溝に、針をひっかけると仕掛けを巻き付けやすいです。

針と針の間を20~25センチ程度にして、針を結んでは巻き付けていきます。

f:id:kikoropapa:20180404225530j:plain

で、出来上がると下の写真のようになります。これは10本結んだところですが、20本くらいは巻き付けることができます。

f:id:kikoropapa:20180404225932p:plain

モトスへの枝針の結び方は、いわゆる「漁師結び」を使っています。

これが一番、早いかなと思いますので、動画等で研究してみてはいかがでしょうか。

この仕掛けだと、段ボール部分が汚れれば捨てて、新しいものに変えればいいだけなので、安上がりです。躊躇なく捨てられます。

あとは針の根元に蛍光玉を付けたり、蛍光素材のチューブを付けたりと、いろいろと工夫してみても面白いと思います。

まぁテレビの一時間番組を見ながら15本くらい結ぶのが、ちょうどいいかもしれませんね~ 

ということで、キス釣りの仕掛けは、ぜひ自作をお勧めします!