釣り用ヘッドライトは単三電池1本で使えるものがオススメ

headlight2_ic オススメ釣り具レビュー
スポンサーリンク

お疲れんこん、きころパパです。今日もご覧いただき、ありがとうございます!

さてあなたは、どんなヘッドライトを使っていますか?

シンプルに釣りをしたいと思っている私は、単3型電池1つだけで使えるヘッドライトを愛用しています。

単三電池1つといっても、夜釣りをするにも明るさは十分で、予備の電池も1つだけ持っていけば済むので、準備がカンタンです。

ということで、今回は単3型電池1つで使えるヘッドライトの良さや、私なりの選び方のポイントをお伝えします。

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

釣り用ヘッドライトに必要な条件

headlight2_1

さて釣り用のヘッドライトに必要な条件とは何でしょうか?

私が思うのは次の3つです。

  • 明るさは100ルーメン程度
  • 明るさの調整ができる、またはサブライトが使える
  • 防水機能がある

明るさは100ルーメン程度

headlight2_2

ヘッドライトの明るさは商品によって様々ですが、100ルーメン程度あれば夜釣りでは問題なく使えます。

「数百ルーメンで100メートル先を照らせます」というヘッドライトもありますが、実際にはそんな明るさは必要ないと思います。

明るさの調整ができる、またはサブライトが使える

headlight2_3

夜釣りでは、例えばエギングのようにエギを投げた後に、竿を持ったまま手元のリールのラインだけが見たい、なんていう場面もあります。

そんなとき、明るさの強いメーンライトで海面を照らすのは、ご法度。

ですので、手元だけが見える弱い明りに調整つ出来たり、弱い明るさのサブライトがあれば便利です。

個人的には赤色のサブライトよりは、橙色のライトの方が見やすくて使いやすいと思います。

防水機能がある

釣り用のヘッドライトには、ほとんど防水機能が付いていると思いますが、これは海水に濡れても大丈夫、というよりは雨天時の利用に耐えられる、ということw基準に選ぶのが良いと思います。

ヘッドライト単3型1本タイプを進める理由

headlight_4

さて本題ですが、単三電池1本タイプのヘッドライトが良い理由って、何でしょうか?

これも主な理由は3つです。

  • ヘッドライトがコンパクトで軽量
  • コスパが良い
  • 予備電池が少なくて済む

さて、これも簡単に説明しますね。

ヘッドライトがコンパクトで軽量

headlight2_5

単三型電池1つで使えるヘッドライトは、作りがコンパクトで軽量です。

たくさん電池が必要であれば、それだけ本体が大きくなりますし、電池の数だけ重さが増します。

でも単三電池1本で使えるのであれば、頭に付けるのもコンパクトで邪魔になりにくいですし、もちろん軽いです。

単三電池1つで使えるヘッドライトの最大の魅力ともいえると思います!

コスパが良い

貯金

単三電池1つで使えるヘッドライトは、コスパが良いです。

経験上は1.5回の釣行で電池を交換することが多いです。

ですが交換といっても単三電池1つで済むので、もし電池が切れていたり、予備電池を忘れたりしても、コンビニなどで簡単に電池が手に入るので、安心です。

予備電池が少なくて済む

headlight2_7

先ほどの話に続きますが、単三電池1つだけであれば、予備の電池も1つで済みます。

釣行時に予備の電池を1つだけポケットに入れていれば済むので、持ち運びも手間がかかりません。

わたしが使っているヘッドライト

では単三電池1本で使えるヘッドライトには、どのようなものがあるのでしょうか?

実際にわたしが使っているヘッドライトをご紹介します。

例えば、この冨士灯器 ゼクサス LEDライト ZX-S250 スタンダードモデル

headlight2_2

私が愛用している一軍のヘッドライトでもあります。

明るさは約100ルーメンで、照度調整が可能。

サブライトは「電球灯」で、手元を照らすには十分です。

もう一つは、GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライトです。

headlight2_6

こちらは、予備用に購入。

明るさは95ルーメンで、サブライトへの切り替えもできます。

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライトの魅力は何といっても、安価なこと。

この価格でも十分使えるので、メーンのヘッドライトが壊れたら、もう1つ買ってもいいかと思っています。

電池は充電式がオススメ

headlight2_8

ちなみにヘッドライトに使う電池ですが、わたしは充電式のアルカリ電池を使っています。

充電式の電池は充電器を買ったり、電池本体が割高だったりと、最初の投資が大きいですが、長い目で見ると普通のアルカリ電池を使うよりコスパがいいです。

充電池はつぎ足し充電ができるタイプですので、常にフルパワーの電池を使うことができるので、快適に夜釣りを楽しむことができます。

最後に。。。

ということで、今回は私が愛用している単三電池1つで使えるヘッドライトの魅力について、紹介させていただきました。

シンプルに快適に夜釣りを楽しみたいという方の参考になれば、うれしいです!

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣り・フィッシングランキング
タイトルとURLをコピーしました