釣りでカップラーメン食べるのにオススメのキャンプ用品は?

cup_ramen1

お疲れんこん、きころパパです。今日もご覧いただき、ありがとうございます!

あなたは寒い釣り場で、アツアツのカップラーメンを食べたことはありますか?

私は先日、簡単なキャンプ用品を購入し、釣り場でお湯を沸かしてカップラーメンを食べました!

これがビックリするほど美味!

ちょっとしたキャンプ気分も味わえて、釣りライフが1つレベルアップしました!

ということで今回は、キャンプ未経験者の私でも使えた、釣り場でカップラーメンを食べるためのキャンプ用品を紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

カップラーメンを作るために必要なキャンプ用品

cup_ramen1

キャンプはしたことないし、何が必要なのか、よく分からないな~
きころパパ
私もそうでしたが、意外と簡単にできますよ!

さて、釣り場でカップラーメンを食べるには、とにかくお湯を沸かすことが必要です。

揃えなければいけない最低限のアイテムは、次の3つです。

  • キャンプ用のバーナー
  • ガスボンベ
  • お鍋

私はキャンプ未経験者ですが、娘がハマっていた漫画「ゆるきゃん△」に描かれていた(と思われる)キャンプ用品を参考に揃えてみました。

では、具体的に説明していきますね。

バーナーは「アミカス コンパクトストーブ」

cup_ramen2

バーナーは、キャンプ用ガスバーナー・ボンベで知られるアウトドア用品ブランド「SOTO」のアミカス コンパクトストーブを選びました。(上の写真)

きころパパ
ボンベに簡単に取り付けられるコンパクトなバーナーです!

ガスボンベに直接取り付けるタイプで、手のひらサイズのコンパクトサイズ。

鍋を置く「ゴトク」部分は直感的に開閉ができます。

使い方は簡単です。

1、ボンベの結合部分にクルクル回して取り付ける

cup_ramen2-1

2、クリップ状の取っ手をひねってガスを出しつつ、赤いスイッチを押す

cup_ramen2-2

これだけで簡単に着火できます。

cup_ramen2-3

メーカーいわく「横風にも強い構造」で、少々風が強いと感じるときでも力強く炎が上がります。

今のところ、使用中に風で炎が消えたことはありません。

ガスボンベも「SOTO」を購入

cup_ramen3

ガスボンベもバーナーと同じ「SOTO」のパワーガス250トリプルミックスを購入しました。(上の写真)

きころパパ
バーナーと同じブランドで、そろえてみました!

容量は正直言ってよく分からなかった(笑)ので、「ゆるキャン△」の画像を見ながら、同じようなサイズを購入しました。

(なんの説得力も無いですね。。)

メーカーHPによると、プロパンが入った「パワーガス」と呼ばれるもので、最後まで力強い火力が特長です。

お鍋はコールマンの「ソロクッカーセット」を選択

cup_ramen4

お鍋はコールマンの「ソロクッカーセット」を選びました。(上の写真)

これも「ゆるキャン△」で描かれている(と思われる)人気のキャンプ用品です。

熱伝導が良いアルミ製で、フタ部分がスープ容器にもなる優れもの。

取っ手は熱くなりにくいシリコン加工で、たたむと本体にピッタリ引っ付きコンパクトになります。

きころパパ
大きめの目盛りが、とっても便利です!

鍋の内側には、大きめ表示の水量目盛りが付いています。

cup_ramen4-2

この大きな目盛りはヘッドライトでも見えるので、カップラーメンを作るだけの水量をきちんと計ることができます。

あとはカップラーメンにお湯を注いで、3分待てば出来上がり!

cup_ramen4-3

ちなみに、お箸を忘れるとカップラーメンが「飲み物」になってしまうので、お気を付けください。

オススメは、やはりカレー味ですね!

3アイテムがコンパクト収納できる

実は今回紹介した3つのキャンプ用品ですが、クッカーにひとまとめに収納できるんです!

cup_ramen8

きころパパ
購入してから、収納可能ことを発見。感動しました!

分かりますか? クッカーの中に、ボンベとバーナーがきっちりと入っています。

もちろんフタもできるので、持ち運びにはとっても便利です!

違うメーカーでの、この奇跡。 ぜひ皆さんも体感してみてください!

アツアツのコーヒーも楽しめます!

cup_ramen6

きころパパ
ガスセットがあれば、あったかいコーヒーも作れますよ!

私はカップラーメンのほかに、インスタントコーヒーも作って楽しんでします。

スティックタイプのものが、かさばらないので便利です。

紙コップに作るのもいいのですが、私はサーモスのステンレスボトルを使っています。

ステンレスボトルにコーヒーの粉を入れて、フタをしてシャカシャカ振ると出来上がりです!

ステンレスボトルは350ml入りが、ちょうど良いです。

フタ付きのボトルなので、釣りの間にちょびちょびと飲めます。

ちなみに熱湯を注いだ直後は、メチャクチャ熱いのでご注意ください。

最後に。。。

というわけで今回はキャンプ未経験の私でも使えた、釣り場でカップラーメンを作るためのアイテムをご紹介しました。

釣り場では、ルールやマナーを守って、安全に気を付けて楽しんでください。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ポチっと応援お願いします!

-オススメ釣り具